元オリンピックランナーが書いた、暖かな自伝的ドジっ娘マラソン小説

小説・エッセイ

2012/6/12

このマラソン小説の著者は、増田明美さん。穏やかな優しい声でマラソンや駅伝の解説をしている姿を思い浮かべる人も多いだろうが、80年代の日本女子マラソン界を牽引してきた選手のひとりである。後にマラソンで日本女子初のメダリストとなる有森裕子さんが、高校時代に増田さんに憧れ、目標にしていたというエピソードもあるほどだ。 そん... 続きを読む