『恋だの愛だの』辻田りり子、3年ぶりの新作は、知略謀略に長けているのに、どこかポンコツなポジティブ女子が主人公

レビュー

『恋だの愛だの』の辻田りり子、3年ぶりの新作『笠佐木梓と七人の敵』(白泉社)。前作の主人公・かのこが、常に傍観者に徹するべく人間観察を欠かさない女子だったのに対し、本作の主人公・笠佐木梓(かさざきあず…

本文を読む