「人間は、実に馬鹿なり」…若き日の山田風太郎は戦時下の日本でなにを見たのか

マンガ・アニメ

2020/6/2

『風太郎不戦日記(1)』(山田風太郎:原作、勝田文:漫画/講談社)  日本を代表する作家のひとりである山田風太郎といえば、やはり「忍法帖シリーズ」がお馴染みであろうか。私はといえば、幼き頃に観た映画『魔界転生』で、ジュリーこと沢田研二扮する天草四郎時貞が、己の首を手に高らかに笑うシーンがやたらと印象に残っている。そん... 続きを読む