兄弟で宇宙に夢を見る、熱くて感動なすてきマンガ

更新日:2012/6/15

宇宙兄弟(1) (モーニングKC)

ハード : 発売元 : 講談社
ジャンル:コミック 購入元:Amazon.co.jp/楽天ブックス
著者名:小山宙哉 価格:596円

※最新の価格はストアでご確認ください。

出来すぎるスーパーマンのような弟・日々人(ひびと)と、主人公である兄・六太(むった)。子どものころ、二人は夜空に不思議な物体を見たことから、共に、宇宙に夢を見るようになりますが、日本人として初めて月に飛ぶ、宇宙飛行士として超優秀な弟の反面、自分は宇宙に飛ぶどころか会社をクビになり…。

等身大のキャラクターが宇宙飛行士になり、宇宙を目指す物語です。兄弟や仲間の絆、夢に向かっての努力の素晴らしさなどがダイレクトに伝わってくる、ザ・王道エンターテインメント。

主人公は、生まれた同日にサッカーファンなら忘れることができない「ドーハの悲劇」が起きており、これによって「自分には不運がつきまとう」と考えているなど、ちょっとしたヒネりが随所に見られ、読んでいるとたびたび「クスッ」と笑わせてくれたり、「へぇ!」と驚かせてくれたりと、飽きさせない仕掛けも魅力です。

作中にはJAXA(ジャクサ/独立行政法人 宇宙航空研究開発機構)がたびたび出てきますが、じつはこのJAXA、教育の世界でも貢献しています。「子どもの心に火をつける」をモットーに、学校との連携プログラムを実施したり、出張教室を開いたり、共同研究を行なったりしています。ホームページに興味深い取り組みがさまざま掲載されていますので、教育関係者や保護者などは一度のぞいてみてもよいと思います。

宇宙には、誕生して137億年分の歴史と知識が含まれており、その大部分は未知の領域です。「未知」は同時に「無限の可能性を秘めている」ということで、子どもはもちろん、大人も含めて人の飽くなき好奇心を引き出すのに格好の世界なのでしょう。

この4月からテレビアニメが放送予定。また、翌月(5月)より実写映画が公開予定。まずは電子書籍を押さえて、宇宙兄弟ブームの波に乗り遅れなきよう。

日本人初、月の地を踏むことになった優秀な弟・南波 日々人

同時期、上司にジダンばりの頭突きを食らわせて、一発退場(クビ=無職)になった兄

兄とは…兄なら…兄ゆえに…。兄だからこその苦しみ

ある日、JAXAから封書が届く。そして、兄も、弟と同じ宇宙飛行士の道を歩み始める。さて、どうなるか… (C)小山宙哉/講談社