【直木賞受賞『少年と犬』】何かを求めて日本を縦断する一匹の犬…犬を愛する人に捧げたい感涙作

文芸・カルチャー

2020/7/15

『少年と犬』(馳星周/文藝春秋) 「人という愚かな種のために、神が遣わした贈り物」。まさに、犬とはそういう存在だ。従順で賢く、どんな人の心にも寄り添う。そんな温かな存在に、どれだけ多くの人が救われていることか。  第163回直木賞候補作、馳星周氏の『少年と犬』(文藝春秋)は、犬を愛するすべての人に捧げたい感涙作。馳星... 続きを読む