心の隙間に吹き込む秋風にも似た、透明で乾いた世界観

小説・エッセイ

2012/6/27

幸か不幸か、原作を読んだのは押井守監督によって映画化されたあとでした。 もちろんね。映画はあくまで映画で、こちらは文芸作品ですよ。 でもね、やっぱり行間に映像から受けた、はかないイメージが浮かんでしまうんですね。 映像を見る前に、本書を読んだらどんな印象を受けるのか? それはそれで、大変興味深いのですが、両方を体験す... 続きを読む