『あつかったら ぬげばいい』『ものは言いよう』…読者の声から考える、ヨシタケシンスケ作品がウケる理由!

文芸・カルチャー

2020/9/4

『あつかったら ぬげばいい』(ヨシタケシンスケ/白泉社) 『あつかったら ぬげばいい』というのはヨシタケシンスケさんの最新絵本のタイトルだけど、当たり前のように聞こえるその言葉が、不思議なことに、大人... 続きを読む