すでに“警察小説”の人気ブランド、「姫川玲子シリーズ」の長編エピソード

小説・エッセイ

2012/5/14

“警察小説”とされる作品は、すばらしいものから殆ど読む価値のないものまで、それこそ掃いて捨てるほどある。それだけ人気が高く、裾野の広いジャンルではあるのだが、本当に“面白い!”と太鼓判を押せるような作品に巡り会うことは非常に稀。そんな弱肉強食なジャンルにおいて、誉田哲也の作品だけは、ここ数年間で最高のインパクトを保っ... 続きを読む