暗殺一族の姫に恋する美少年と、標的に心を動かされてしまった姫。それぞれの想いの行方は…

レビュー

「余白」のある作品はいいな、と思う。セリフでは語られない、台本のト書きにさえもしかしたらなかったかもしれないけれど、ふとした表情や視線の動きにはっとさせられ、忘れられない一瞬になる。その一瞬が、物語…

本文を読む