ceroのメンバー初エッセイ集、青春時代へのノスタルジーが滲む

文芸・カルチャー

2020/9/20

『小鳥たちの計画』(荒内佑/筑摩書房)  国内のシティ・ポップ・ブームの先鞭をつけ、ソウル、台北、香港でもライヴをこなす3人組バンド、cero。そのceroで多くの楽曲の作詞と作曲を担当する荒内佑が、... 続きを読む