小説は事実より奇なり。西尾維新最新作『デリバリールーム』は、参加費50万円のデスゲーム!?

文芸・カルチャー

2020/9/24

本稿には刺激的な内容が含まれます。ご了承の上、お読みください。 『デリバリールーム』(西尾維新/講談社)  単語の前に「最後の」という修飾語を付けるとなんでも感動する、という説がある。最後のお寿司。最... 続きを読む