自殺寸前の自分を救ってくれた青年…身代わりを引き受けたら殺人の容疑をかけられて――衝撃のミステリーの読者の声は

文芸・カルチャー

2020/10/2

※「第5回 レビュアー大賞」対象作品 『僕が僕をやめる日』(松村涼哉:メディアワークス文庫/KADOKAWA)  スクールカーストやいじめを題材とした『ただ、それだけでよかったんです』、少年法のありか... 続きを読む