33歳で子宮頸がん治療のため子宮と卵巣を全摘した作者による闘病エッセイのそのあと

レビュー

身体の不調はほんの些細な兆候でも無視してはいけないのだ、ということを闘病ルポマンガ『さよならしきゅう』(岡田有希/講談社)から教わった。結果、なんの問題もなかったとしても無駄足だったと思う必要はない。…

本文を読む