もしも負ければ、私は死ぬ――。命をかけて将棋を指す女流棋士の戦いを描くマンガ『永世乙女の戦い方』の魅力

マンガ

2020/10/17

『永世乙女の戦い方』(くずしろ:著、香川愛生女流三段:監修/小学館)  将棋を指すのは、まさに「命がけ」なのだ――。単行本1巻を読み終え、肺の奥から感嘆とも驚愕ともつかない深いため息がこぼれた。これは... 続きを読む