「生きにくいな」という気持ちを代弁してくれる名作

小説・エッセイ

2012/7/5

2007年春。 早朝から渋谷に出かけて、本作の映画を(映画が先で、小説は監督本人によるノベライズなのです)みたときのことは、たぶんずっと忘れられないんだな、と再確認したよ。 劇場映画のコマーシャルで多いのが、「感動しました」とか「全米が震撼しました」とか。そんなヤツですよね。 この作品に初めて触れたときの感想は、「動... 続きを読む