疲れた心に10分の贅沢を。 繊細で優しく、日によって響くものがちがうアンソロジーの魅力

レビュー

働く大人は、ときに“想像する”ことさえ重荷になるほど、気力と体力をそこねてしまう。そういうとき、ふと癒してくれるのは、物語の躍動よりも静かに心にしみてゆく描写だ。現実と地続きで、感情を添わせやすく、け…

本文を読む