名門大学生たちの犯罪の裏に見え隠れする「半グレ」の影

レビュー

名門大を含め、大学生たちの間にいま、反社の影が見え隠れする。10月22日、持続化給付金200万円をだまし取った疑いで逮捕された男2人のうち、1人は西の名門、同志社大学の学生だった(時事通信ほか)。また、「警察…

本文を読む