これぞ青春小説! 新鋭の直木賞候補作を読み逃すな

小説・エッセイ

2012/7/6

7月5日、第147回直木賞の候補作が発表された。そうそうたる顔ぶれの中で目を引くのが、23歳1カ月で候補になった朝井リョウだ。『桐島、部活やめるってよ』(集英社)での鮮烈なデビューから2年半、4作目の本書で候補入り。もしも受賞ということになれば、第11回(1940年!)に22歳10カ月で受賞した堤千代さんに次いで史上... 続きを読む