幸せなお金持ちは不幸な貧乏が選択するのは自分自身!

小説・エッセイ

2012/7/16

ユダヤ人大富豪の教え

ハード : iPhone 発売元 : DAIWA SHOBO CO.
ジャンル: 購入元:AppStore
著者名: 価格:700円

※最新の価格はストアでご確認ください。

「お金持ちになりたい?」と、聞かれたら私は「なりたい」と答えます(人によってお金持ちの定義は違いますが)。決して「そんな願望はないよ。お金が1番じゃないからね」とか言いません。だってお金は大事だし、あるに越したことないと思っていますから。そんな願望はあるけれど、どうすればいいのか分からないのが多くの意見だと思います。私も全く分かりません。では、大富豪から教わっちゃいましょう! と本にまとめたのが実業家でもある本田健さんの代表作でもある本書。

本田さんが20歳の1年間アメリカで過ごした時に出会った、大富豪ゲラー氏からの教えをまとめたものです。なんとも衝撃を受けたのはゲラー氏の言葉「すべては自分がとった立場で決まる。立場の違いで人生はまったく違ってしまう。…先進国では、誰もそれを他人に強制されるわけでもなく、自由に自分で決められるということだ。つまり、金持ちか貧乏か、どちらかを自分で選択できるということだ」。

自分がとった立場で、私でもお金持ちになるということを選択できるということ? 最初は不動産を持って配当だけで生活出来る人とか、何かのオーナーになるとか、そうならなければお金持ちになれないという、はるか遠い話なのかと思いましたが、違います。「お金持ち=自由人=幸せな人」ではないということを最初の段階でじっくり説明。例えば、社長でも不自由人で不幸な人もいれば、パン屋でパン職人をしていて自由で幸せな人もいるということです。

大事なことは好きなことをする。好きなことをすると、笑顔になる。笑顔で仕事をしていると幸せオーラが出て、人が集まってくる。その集まってきた人も幸せになり、喜ばれる。結果その人は好きなことで儲けることができる。この基本をベースに社会の仕組み、お金の流れ、自己分析、感性など細かい教えが詰まっています。著者とゲラー氏との対話形式の展開が、読み手がまるでユダヤ人大富豪ゲラー氏から直接教えを受けている感覚になり、読みやすいです。

最初は「金持ちになりたけど…無理だよね」と思っていましたが「好きなことを仕事にしている私は、少なからず、多少は周りの人たちを幸せにできてるかも」と未来の金持ちに期待できそうな気がしてきました。まぁ気がするだけではなれませんが…。

仕事との向き合い方を改めて考えることができる1冊です。今の仕事にうんざりしている人、自分探しをしている人にも是非読んで欲しいです。


目次は70項目以上に分かれているので、スキマ時間に読みやすいです。短い文章の中に必ずひとつ心に響く教えあり!

蛍光ペンで色分けして自分なりに「習慣」「思考」など分類してカスタマイズすると電子書籍のオリジナルmy本化ができます

著者自身がゲラー氏から出される試練をクリアして成功への方法を伝授される。3日で1000人の署名を知らない土地で集めることがあなたにはできますか?