世界で大きく目立つ中国の行動原理――アヘン戦争以降の近現代史にみる中国たりえる理由

レビュー

1990年代まで、世界の人々にとって中国は“発展途上国”というイメージがあったのではないか。しかし目を疑うような成長を続けた結果、今では世界の先進国を差し置いて、中心的な存在になった。経済力でも、軍事力で…

本文を読む