特殊清掃の現場から見えてくる、「死にざま」と「生きざま」――孤独死のない社会を目指して

レビュー

人の死はいつ、どんな形で訪れるか分からない。たとえばアパートで一人暮らしをしている人が自室で突然死した場合、その亡骸は、しばらくの間誰にも気づかれずに室内に横たわっている可能性もある。 殺人事件、死亡…

本文を読む