明治時代の国境を越えた、志乃とダニーのラブストーリー!

公開日:2012/8/3

N.Y.小町 (1)

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : 講談社
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:大和和紀 価格:432円

※最新の価格はストアでご確認ください。

今の時代、「国際結婚」なんて別に珍しくありません。が、昔、それこそ明治時代には大問題だったそうです。それもそうですよね~。黒船が来て鎖国を解いてからまだ数年しか経っていませんし、外国人を見ること自体珍しいです。それなのに外国人との結婚…なんて、常識の範疇を超えていたのでしょう。まだ、そんな国際結婚が法律で認められていない明治時代を舞台に、小間物問屋の娘・志乃と開拓使ダニエル(ダニー)の国境を越えた恋愛模様を描いたのがこの作品。作者は私も大好きな大和和紀さん! 和紀さんの作品らしい細やかな時代背景と衣装、ギャグ満載ながらの重厚なストーリーで、読んでいて楽しいマンガです♪

さて、私が大和和紀さんの作品を好きな理由に、「ヒロインキャラが好き」というのがあります。和紀さんの描く、勝気で凛としてて、自分の足でしっかりと未来を切り開いていく強いヒロインが、私は大好きです。そして、この『N.Y.小町』の主人公・志乃もまさにそんな「強いヒロイン」です! 生まれてから16歳になるまで「男」として育てられていたからなのか、顔も性格も男前!やることなすこと、男顔負けの豪快さ! 見たこともないNYに行くために密航したり(持ち物はせんべいと水だけ)、愛するダニーのために北海道まで追いかけて行って、雪の降る森の中を歩いたり(この当時の北海道はまだ未開拓の地だった)、英語もしゃべれないのに外国に行ったりと、ほんとハチャメチャなんです。でも、どんな無茶な行動をしてもなんとかなっちゃうキャラだから、読んでておもしろい! だけど、たまに無茶をしすぎて死にかけるから、心配で目が離せない(笑)私的にかなりツボなヒロインでした♪

そんなヒロインが横浜に北海道にニューヨークにと飛び回り、恋に夢にと頑張る姿は読み応えたっぷりです。外国人への偏見や、女性の地位の低さ、極寒の地の開拓の大変さなど、明治時代ならではの困難が描かれつつも、志乃のさっぱりとしたキャラクターと志乃を支える濃い~サブキャラクターたちのおかげで、楽しく爽快に読めます。波乱満載なストーリー展開ながらも、少女マンガらしく、志乃とダニーのラブラブシーンが多かったのも読んでて楽しいポイントでした。

大和和紀さんが好きな人はもちろん、まだ読んだことがない人にもとっかかりやすい作品じゃないかなと思います! ぜひ、読んでみて下さい☆


このイケメンが主人公・志乃

親の策略で、急に男から女にさせられてしまいます

アメリカから来たダニーとの出会いで、志乃の運命は動き出します

志乃の昔なじみ・三郎。物語に大きく関わってくるキャラクターです

志乃のライバル・ナネット! 志乃とは違う強さを持った女性です

志乃のライバルその2。志乃とは真逆のおしとやかなお嬢様(C)大和和紀/講談社