「ちょっと聞いてよ!」から始まる女子の長話を聞くように読む1冊

小説・エッセイ

2012/8/16

阿川佐和子さんのエッセイはいつ読んでも流れるような文章で本当に読みやすい。読み終わりは、タイトルの「おいしいおしゃべり」の意味が理解できるような感覚。美味しいもの食べて満腹感と満足感と幸福感に包まれた時と似たような感覚でした。 タイトルを見たとき、著者の思い出の食事にまつわるエッセイかと思いきや、それだけじゃないので... 続きを読む