乙女心くすぐること間違いなし! 胸きゅん120%の十二支ファンタジー

コミック

2012/8/20

フルーツバスケット (1)

ハード : PC/iPhone/iPad/WindowsPhone/Android 発売元 : 白泉社
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:高屋奈月 価格:406円

※最新の価格はストアでご確認ください。

私事でごめんなさい。だいっっすきなんですよ、このマンガ! 連載開始から『花とゆめ』本誌でずっと追いかけ続け、コミックも全巻そろえて何度も読んでいるのに、今回、電子でまた大人買い&一気読みしてしまいました……。
人の心の機微を丁寧に描いた、優しくて切なくて、それでいてギャグに笑えて、胸きゅんで死にそうになる。乙女心くすぐること間違いなしのコミックです!

異性に抱きつかれると動物に変身してしまうという十二支の呪いを受けた草摩一族。母を亡くして、どういう経緯かテント生活をしていた主人公・透(女の子です)はその秘密を知ってしまい、同級生の草摩由希(子)と同じく一族の紫呉(戌)と同居生活をすることに。そこへ由希をライバル視する猫憑きの夾もくわわって……というのが物語の始まり。

もちろん、一族の人達はみんな、孤独と苦しみを抱えているわけです。うっかり異性とぶつかってしまえば変身してしまい、恐れられ忌み嫌われる。好きな人ができても、抱きしめることもできない。それどころか親からも、抱きしめてもらうことができない。そのせいで大事な人の記憶を消さなくてはいけなくなったり、だから誰にも近づけなかったり。猫憑きの夾などは、本来では十二支ではない仲間外れのつまみ者として、一族からもはじかれている。そんな彼らの心を優しく癒していくのが、透なのです。

幼いころに父を亡くし、元ヤンだけど底抜けに明るい母と幸せに暮らしていた彼女も家族を失い、天然でぼけぼけで、馬鹿がつくくらいにお人好しで、ひたすらにやさしい彼女の愚直なまでの優しさが、とてもとてもいとおしく感じます。こんな出来すぎた子いたらそりゃ好きになるわ! と思うのですが、そこに嫌味を感じないあたたかさが浸透しているのがこのコミックのすばらしいところ。

んでもって、後半から徐々に始まるラブ展開には胸ときめくこと請け合いです。個人的には夾くんが好きすぎて、最後の最後まで興奮とまらないというか、読み直してみたら押し殺してきたはず(だが抑えきれていない)のオタク心が満開になって、深夜、ハイテンションで眠れなくなりました。ストーリーが奥深いだけでなく、キャラクターそれぞれがとにかく魅力的なのもこのコミックの特徴。隅々まで楽しめます。


最愛の母を亡くしたばかりの主人公・透

この物語のヒロイン、もといヒーロー? 子つきの由希は学校の王子様です

素直じゃない、けどとても優しい猫憑き少年・夾(大好きです)

異性と抱き合うとこんなふうに……

草摩の一族には、十二支+猫の物の怪に憑かれた人々がいるのです

透の優しくあたたかい心は、読む側の心にもとても沁みてきます

草摩を統べ、物の怪憑きのみんなを支配する謎の人物・慊人。呪いの正体とはいったい……?(C)高屋奈月/白泉社