今月のプラチナ本 2012年10月号『わたしがいなかった街で』 柴崎友香

今月のプラチナ本

2012/9/6

『わたしがいなかった街で』 ●あらすじ● 夫との離婚から1年後、東京に来てから2度目の引越しをした平尾砂羽は、漠然と毎日を過ごしている。テレビに映し出される戦争や震災のドキュメンタリー映像、インターネットで見つけた作家の65年前の日記。それらの記録が自分の記憶と交錯し、砂羽はひとり「かつて誰かが生きていた場所」を思索... 続きを読む