昭和世代のぽっこりお腹を即解消! 中年太りの救世主が教える「つまぷる」ダイエット

健康・美容

公開日:2021/9/1

1日ひとつやるだけで、-9センチも夢じゃない! 40代からのお腹やせ
『1日ひとつやるだけで、-9センチも夢じゃない! 40代からのお腹やせ』(みっこ/KADOKAWA)

「人生100年時代」と言われて久しいが、アラフィフともなると「この三段腹とあと何十年付き合うのだろう?」と不安がよぎる。いざダイエットしてもすぐリバウンド。舌も肥えてしまったせいか、おいしいものを我慢するツラさときたら若い頃の比ではない。無理せず気楽にできるダイエットを探すも、なかなか合うものが見つからないし……。

 そんな同じ悩みを持つ昭和世代におすすめしたい本が『1日ひとつやるだけで、-9センチも夢じゃない! 40代からのお腹やせ』(みっこ/KADOKAWA)。


advertisement

 著者のみっこさんはスポーツクラブ、ゴルフスクールのパーソナルトレーナー、腰痛治療院整体師を経て独立。主宰するオンラインダイエットプログラムでは40~60代の参加者たちのお腹をぺたんぺたんとへこませ、YouTube「40代からの動ける体チャンネル」では31万人もの登録者数(2021年8月現在)を集める、中高年ダイエッターのカリスマ的存在である。

なぜ「つまぷる」だけでお腹が引っ込むのか?

 基本の「つまぷる」は、お腹をつまんでぷるぷる揺らすだけのごく簡単な動作。冗談のようなネーミングだが、私の頑固な出っ腹がみるみるマイナス2.5センチを達成したから驚いた。しかもたったの7日間で!

 実は、ぽっこり飛び出たお腹の筋肉の周りには「筋膜」という薄い膜が張りついた状態だそう。それを「つまぷる」で剥がしてあげることで筋肉が動くようになり、お腹をへこませた状態がキープされ、見た目にもスッキリした姿勢になるのだとか。

ポッコリ人からスッキリ人へ

 7日前の自分は、出っ腹で猫背でまさに写真のような「ポッコリ人」だった。それが、ソファでテレビを見ながら、トイレに座りながら、煮物を見張りながらつまんでもむこと1週間。横から見ると明らかに頭から腰のラインがまっすぐになり、骨盤の前傾が改善されてきた。

ポッコリ人からスッキリ人へ
骨盤の前傾が改善

今すぐ試そう! 基本の「つまぷる」

 道具要らずでできる「つまぷる」に必要なのは、自分の両手とぜい肉だけ。ここでちょっと手をお腹に置いて、試してみてほしい。

 まずは5本の指でお腹のお肉をできる限り集めて、つまんでぷるぷる上下に大きく動かそう。

今すぐ試そう! 基本の「つまぷる」
必要なのは、自分の両手とぜい肉だけ

 次に、体を曲げて上下からお肉を集めてしっかりつまみ、そのままゆっくり、反対側に体を曲げてつまんだ部分を伸ばす。もう片方も同じように行ってみよう。

 いかがだろうか? これだけで、お腹の中で癒着した筋肉と筋膜がほどけて柔らかくなり、やる前よりも脂肪にアプローチしやすくなったのではないだろうか。最初は少し痛いかもしれないが、腹筋するよりうんとラクなはず。

 本書には他にも、中年以降に悩ましくなる腰や肩の悩みに効くストレッチや「タオルリリース」、寝る前5分の「おやすみストレッチ」で熟睡を誘う方法まで、多くのエクササイズ方法を収録。特に、座ったままでも寝ながらでも気ままに行える「つまぷる」は、面倒くさがりな自分の性に合っていたようだ。

 皆さんも、スキあらばぜい肉をつまんで揺らして、スッキリ人を目指してみてはいかがだろうか。

文=大信知子

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか