絶望にはなれあうか、共に生きるか、二つの道しかない

ライトノベル

2012/9/14

ライトノベルである、外装は。ガガガ文庫。中身はちょっと違う。まず文体が真摯。むずかしくはないけど、何か誠実。深いところに射程があたっている。ふつうに読めるくせに。次に、キャラクターが明確。かつ、お約束でない。別のいい方をすれば、ちゃんと生きている。3つ目、お話が暗め。そりゃそうだ、青春の一時期に孤独と自意識に取りまか... 続きを読む