草食男子にしないためのリアル男子育て指南!

和田秀樹

2012/9/15

心の強い男の子の育て方―10歳までに知っておきたい!

ハード : Windows/Mac/iPhone/iPad/Android/Reader 発売元 : 学研
ジャンル:趣味・実用・カルチャー 購入元:紀伊國屋書店Kinoppy
著者名:和田秀樹(心理・教育評論家) 価格:1,131円

※最新の価格はストアでご確認ください。

「男子」という特殊な生き物限定で、その育て方を指南する『心の強い男の子の育て方』。すでにティーンエイジの息子を持つ自分にとっては、サブタイトルの「10歳までに」の文字に最初からダメ出しされている気がして若干戦慄したものの、読み終わってみるとさほど抵抗はなかったのが正直なところ。

お母さんをなだめて、叱咤激励して自信をもたせるという、この手の本にありがちな口当たりのよさだけでなく、現実的に不況が続き、厳しくなる一方の社会情勢の中で、「どう育てれば将来幸せになれるのだろうか」とリアルな視点を織り込みつつ、あわせて「男の子は後のびする」という大前提を多いに強調している点で、安心材料にはなるかも。

たしかに今の時代、ほっておくと女子は強くなる一方で男子は草食系になりがちで、厳しさを増す一方の現実世界と折り合いのつけるのはかなりタフな状況になる可能性大。それを乗り切る基礎体力をつけるためには、幼い頃はとにかくお母さんの力が絶大であり、弱気な男子にとにかく自信をつけさるべし! というのが本書の肝であり、暴れん坊男子というより、ちょっと弱気な男子に愛情のカツを上手にいれるお母さんのための指南本というところ。

ただ心得論だけでなく具体的なノウハウというか、語りかけ方の具体例をなるべく出そうとしている点には納得感あり。おもしろいのは「個性は尊重するが、締めるとこは締める」的なバランス感覚や、「ダメなものはダメ」という言い切りが妙にリアルなこと。そのあたりエリート志向がチラチラにじむ感じもするが、学校の限界を認め塾や習い事を積極的に肯定したり、ある意味一番「いまどき」の親の実情にあったリアルな指南かも。


目次より1 全10章で構成

目次より2 マザコンOK?

本文イメージ

随所にポイントをまとめた図案あり