手軽な自己啓発本ではないが、堅苦しい宗教本でもない “生き方指南書”

池口恵観

2012/9/20

タイトルこそ『苦しみはどこから生まれるのか?』だが、決して論文くさい本ではない。現代人の苦しみの発生源について分析したり、それについて宗教家の立場でコメントしたりという構成でもない。じゃあ、どういう本なのか? ずばり、“法話”というくくりが一番しっくりくるのではないだろうか。一節ずつが、ひとつの法話になっている。疲れ... 続きを読む