【シリーズ累計55万部】「朝食フェス」はトラブル満載!? 謎も心もほっくりほぐす、美味しいスープミステリー最新刊

文芸・カルチャー

公開日:2021/11/10

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 朝食フェスと決意のグヤーシュ
『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 朝食フェスと決意のグヤーシュ』(友井羊/宝島社)

 だんだんと肌寒くなってきた今の季節には、温かいスープが欠かせない。それも、朝一番のスープは格別。ひとたび口にすれば、野菜の旨み、栄養が身体全体に染み渡るようで、いつの間にか心までもがときほぐされてしまう。

 まるでスープを飲んだ朝のような優しい気持ちを味わわせてくれるのが、『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん』(友井羊/宝島社)。累計55万部突破の大人気グルメミステリーシリーズだ。早朝にひっそり営業しているスープ屋「しずく」。その店長でシェフの麻野は、毎朝、美味しい日替わりスープを提供しながら、持ち前の推理力で客たちの悩みを解決してくれる。「しずく」を偶然知り、常連になったOL・理恵と、彼女の悩みを解決していく麻野の日常に、心がほっこり温められるのだ。

 シリーズ最新刊『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 朝食フェスと決意のグヤーシュ』では、“朝食フェス”の開催に向けて奮闘する理恵の姿が描かれる。会社主催の朝食フェスの運営に携わることになった理恵は、早速、麻野に出店を打診、スープ屋「しずく」の出店は決定した。だが、朝食フェスの一番の目玉だった大人気パン屋「ブーランジェリー・キヌムラ」は突如出店を考え直したいと言いはじめ、説得に行くと、店主は何やら悩みを抱えている様子。さらには、出店が決まったお弁当屋「いなだ屋」の店主にも困りごとがあるようだし、“朝活トークショー”に出演予定だった人気ブロガーは謎の体調不良に見舞われ、おまけに、開催予定地は使用禁止になり……。朝食フェスの運営はトラブルの連続。日々、理恵の悩みは尽きることがない。

advertisement

 だが、このイベントが実現したら、どんなに素晴らしいだろう。外カリカリ中ふわふわの香ばしいパン。鉄板炊きのごはんを使ったおにぎり。そして、野菜と肉、具材の味わいが活き活きと感じられるあったかスープ……。描かれる料理の数々に、ついついお腹が空いてきてしまう。こんな素敵な朝食、私も食べてみたい! そして、理恵の頑張りを知るにつれ、「絶対このイベントを成功させてほしい」と思わずにはいられなくなってしまう。

 そんな思いは、きっと麻野にとっても同じだったのだろう。麻野は理恵のため、トラブル解決に力を貸していく。麻野は、いわば安楽椅子探偵。理恵からトラブルについて話を聞いただけなのに、そこに隠された真相にあっという間に辿り着いてしまうのだ。なんて素晴らしい推理力の持ち主なのだろう。なんて心強い存在なのだろう。料理の知識をいかした謎解きも多く、麻野の料理人としての優秀さも垣間見られる。そして、次第に深まっていく理恵と麻野の絆。理恵の心境にも変化が訪れて……!? これから2人はどうなっていくのか。彼らの恋模様からも目が離せなくなってしまう。

 読後感は幸せいっぱい。心も体も何だかぽかぽかと温まる。あなたもこの美味しいスープミステリーを味わってみてはいかがだろうか。不思議な謎も、関わる人々の心も瞬く間にときほぐしてしまうこの物語は、あなたの疲れをそっと癒すに違いないのだ。

文=アサトーミナミ

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか