痛すぎて笑いを超えて涙する、底辺マンガ家のあるある自虐コミック

コミック

2012/10/4

『人間失格』は文豪・太宰治のあまりにも有名な代表作ですが、本作『漫画家失格』のあとがきには、本作のタイトルが決まったときプレッシャーから「そんな大層な」「看板を背負える訳がない」「正直吐きそうになった」とあります。それこそ玉川上水に入水したくなるくらいに。 ただ、『人間失格』の第一の手記にある「恥の多い生涯を送って来... 続きを読む