推理のゴールまであと何km? 古典部シリーズ第5弾はほろ苦マラソン大会

小説・エッセイ

2012/10/14

『氷菓』に始まる古典部シリーズ第5弾である。ホータローこと折木奉太郎たち古典部員は神山高校の二年生になった。そしてさしたる勧誘活動はしなかったにも関わらず、大日向友子という一年生が古典部に仮入部する。明るくものおじしない性格の友子はすぐに古典部に馴染んだ──ように見えた。しかし仮入部期間が終わりに近づき、そろそろ正式... 続きを読む