「タイトルの伏線回収がヤバイ! すごい漫画」ついに最終巻を迎えた『コレットは死ぬことにした』20巻に感動の声が続出

マンガ

公開日:2021/12/28

コレットは死ぬことにした
『コレットは死ぬことにした』20巻(幸村アルト/白泉社)

 薬師のコレットと冥王ハデス様との神話級ロマンスを描いた『コレットは死ぬことにした』(白泉社)20巻が、2021年12月20日(月)に発売された。ついに最終巻を迎えた同作。これにファンからは、「めっちゃ泣けた~!」「最後、大号泣なんだが」といった感動の声が寄せられている。

 大忙しの毎日を過ごしていた薬師のコレット。食事している時も、寝ている時も、朝から夜までおかまいなしで、休む暇がない。逃げ場がなく、疲れ果てたコレットがとびこんだのは、井戸の底。目が覚めると、目の前に広がっていたのは冥府の世界だった。そこでは、なんと冥王ハデス様の治療をするハメに――。

 前巻、19巻で、結婚の約束を交わしたコレットとハデス様。しかし、街でとある出来事に遭遇し、一波乱起きてしまう。コレットとハデス様がどのような道を選ぶのか、またどんなラストを迎えるのか、ぜひその目で確かめてみて欲しい。

advertisement

 SNSでは同作を「好きな漫画」として挙げる人も多く、「数年ぶりに少女漫画を読んだけど、刺さった。最高!」「この漫画、ほんっとに良すぎた。大好きです」「1話でそういうことか…と思ったけど、最終巻でもまったく同じことを思うことになろうとは。秀逸。とても素敵な作品」「最終巻は寂しいけど、タイトルの伏線回収やばい。すごい漫画」「完璧なラストで胸がいっぱい。ここに傑作が爆誕した」など、“コレット愛”が語られている。

 また同作は、描き下ろし後日談と冥府こぼれ話小冊子付きの特装版も同日に発売。『ザ花とゆめ』で大好評だったガイコツ会議やコツメくん日記、コレット&ハデス様の癒しショートなど、盛りだくさんな内容を全72ページの大ボリュームで収録している。「売り切れてしまっていた」という嘆きの声もあるので、ゲットしたい人は早めに書店へ行った方がいいかもしれない。

 なお、公式Twitterでは、「完結記念PV」も公開された。読者からのコメントとともにコレットの名シーンを振り返れるので、ファンとしてはチェックしておきたいところ。

“冥府”を舞台にしたハートフルなラブロマンスは、他の追随を許さない“唯一”の作品。薬師と冥府の王が繰り広げる感動ストーリーに、あなたも触れてみてはいかが?

あわせて読みたい