間違った解釈はしたくない! 我が子の、あの行動の本当の意味

PHP研究所

2012/10/23

しぐさでわかる「イヌの気持ち」

ハード : Windows/Mac/iPhone/iPad/Android/Reader 発売元 : PHP研究所
ジャンル:趣味・実用・カルチャー 購入元:紀伊國屋書店Kinoppy
著者名:わんこ友の会 価格:540円

※最新の価格はストアでご確認ください。

幼い頃からわんちゃんと暮らすことを夢に見ていた私にとって、実家にいる愛犬はその夢を叶えに来てくれてかけがえのない存在です。毎日は会えないけれど、たまに会うとキャンキャンと駆け寄って来て、抱っこしてと言わんばかりにずっと隣にいる、そんな愛おしい愛犬の気持ちを少しでも分かってあげられたらと、今作を読み始めました。

顔を舐めるのは何故? 尻尾を振る速さが違うのは何故? 散歩中、あの場所になると歩かなくなるのは何故? 言葉を話すことが出来ないからこそ、彼らの行動ひとつひとつの本意を知りたい、理解したい! この本はまさにそんな私達の味方となり、読み進めていくと、理由に基づいて書かれている部分にハテナが溶けていくようでした。

ペットもまた、その子によって性格や癖が違うことから、間違っても本に書かれていることが全てではないのですが、これまでよりもずっと、愛犬の心に寄り添うことが出来ていると感じるのは、この本を読み終えたことで、彼らを見る目が更に愛でたものへとなったからだと思っています。

ご飯をおねだりしているんだ、警戒しているんだ、帰りたくないんだ、そんな風に今まで見えていなかった愛犬の気持ちが、見て取れるようになったことを実際に実感出来たのも嬉しかったです。


表紙はこんな可愛いトイプードル! 読み手の心をガシッと掴みます

これは一番勉強になったことです。ついつい名前を言って怒ってしまいがちですが、親である私たちも日々勉強であることを痛感しました

可愛い可愛い愛犬のことなら、どんなことでも許せてしまうものですが、怒ることと褒めることのメリハリが、愛犬の心を育てていくのです

おすわりやお手、ふせなどが出来た時にまず最初に餌を与えてしまっていましたが、それが愛犬に間違った解釈をさせてしまっている原因だということが分かり、一からまた向き合うキッカケとなりました