「伊勢神宮 式年遷宮記念セール」実施中 最大800円OFF!(10/9まで)

ebooklist

2013/9/27

 学研電子ストアでは、「伊勢神宮 式年遷宮記念セール」を実施中。20年に一度の遷宮行事もいよいよクライマックスということで、この秋、伊勢神宮に行く人も、TVで見るという人も、伊勢神宮や古事記に関する本を読んで知識を深めてみてはどうでしょうか。

伊勢神宮の謎『伊勢神宮の謎』(稲田智宏)
(通常価格1300円→600円)
日本最高の神域である伊勢神宮は、謎に満ちた神社だった。なぜ内宮と外宮に分かれているのか? 御神体・八咫鏡とは? 関係者が口外できない心御柱とは? 神域から出られない童女・大物忌とは?……など、伊勢神宮に関するさまざまな謎を追究する一冊!
三種の神器『三種の神器』(稲田智宏)
(通常価格500円→250円)
伊勢神宮・熱田神宮・皇居に分散されている三種の神器(八咫鏡・草薙剣・八坂瓊曲玉)とは、はたしてどのようなものなのか? 史書と記録を丹念に読み解き、神話時代から皇室に伝承されてきた、天皇も実見を許されない究極の神宝の実像に迫る! 待望の文庫化。
※この本は2007年に弊社より刊行された学研新書「三種の神器 謎めく天皇家の秘宝」を増補改訂し、2013年に文庫化された商品を電子化したものです。
神道のちから『神道のちから』(田中恆清)
(通常価格1600円→800円)
近年、パワースポットとして注目をあつめる神社――しかし、現代人は驚くほど神道や神社のことを知らない。見えない存在である神様を感じる方法とは、祈りの場では何が起こるのか、などなど、神道界のトップが今すべての日本人に語り明かす心に響く神社の話!
『古事記外伝 正史から消された神話群 』(藤巻一保)
(通常価格1300円→600円)
封印され、抹殺された神々とは? 記紀から意図的に除外された古代氏族の神話群を総検証し、天皇家と中臣・藤原氏による神話隠しと国家支配の実態を暴く、謎解きと異説の古代史ミステリー。今よみがえる出雲、伊勢、葛城、物部、忌部、土蜘蛛の伝承と記憶!

詳しくはこちら
⇒セール詳細ページ
⇒学研電子ストアWeb