「流行とは何だと思う?」女性店員面接後、帰宅をすると…/日に流れて橋に行く⑫

マンガ

公開日:2022/8/5

江戸から続く老舗の呉服店「三つ星」に、3年間の英国留学を終えて三男・星乃虎三郎が帰国した。意気込む虎三郎に、店の者たちは冷たい対応ばかり。唯一優しいのは当主の長兄・存寅だが、以前とは様子が変わっていて…。時代に取り残された「三つ星」を、虎三郎は再建できるのか…?

明治末期の日本橋を舞台に、新しい時代を切り拓く人々の物語『日に流れて橋に行く』(日高ショーコ/集英社)。
第1巻の内容を、全15回に分けて毎日配信します(2022年8月24日まで期間限定公開)。

※本稿は日高ショーコ著のコミック『日に流れて橋に行く1 』から一部抜粋・編集しました。

日に流れて橋に行く

『日に流れて橋に行く』を楽天Kobo(電子)で読む >

『日に流れて橋に行く』をRenta!で読む >


あわせて読みたい