「千円を2で割る」500円の支払いがあり、娘に千円札を娘に渡すと…予想外のことが!【半分こ】/意味がわかると鳥肌が立つ話⑬

文芸・カルチャー

公開日:2022/9/25

大好評につき、3話分追加連載が決定! 編著:蔵間サキ、絵:toaiの小説『意味がわかると鳥肌が立つ話』から厳選して全13回連載でお届けします。今回は第13回です。累計400万部突破の超人気「5分後に意外な結末」シリーズの公式ライバルシリーズ「5分後の隣のシリーズ」の『意味がわかると鳥肌が立つ話』。何気ない物語の数々が、読み進めると意外な展開に変わる! その変貌ぶりに、思わずぞわっと鳥肌が…! 怖いだけでなく、感動や笑いなど、全80編以上のさまざまなタイプの「鳥肌」が立つ物語をお楽しみください。娘に割り算のことを「あるものを、2つとか3つに分けることなんだよ」と教えた。買い物で500円の支払いがあり、千円札を娘に渡すと…?

【怖い場面あり、苦手な人は閲覧注意!】

意味がわかると鳥肌が立つ話
『意味がわかると鳥肌が立つ話』(蔵間サキ:編著、toai:絵/Gakken)

半分こ

「ママー、割り算ってなぁに?」

 娘の美羽が駆け寄ってきた。さっきまで小学生の姉が宿題をしている隣で遊んでいたが、構ってくれないのであきてしまったようだ。まだ小さい娘に、どうやって割り算を説明すればいいのだろう? 少し悩んだが、よい例を思いついた。

「ママが、美羽ちゃんにアメを10個あげたとするわね。それをお友だちのマリちゃんと2人で半分こにすると、1人何個になるかな?」

 美羽の口が、開きっぱなしになる。考え中の様子だ。

「……5コ!」

「すごいね、正解よ!」

 にこやかにほめると、美羽は大喜びした。

「これが割り算だよ。割り算は、あるものを、2つとか3つに分けることなんだよ」

 美羽は、嬉しそうに姉のいるほうへと走っていった。

 

「合計で500円です」

 美羽に勉強を教えた数日後、美羽と2人で買い物をした。財布の中から千円札を取り出し、美羽に渡して聞いた。

「千円の中には、500円はいくつある?」

 美羽にはまだ難しいとも思ったが、美羽は大きな声で答えた。

「2つ」

「じゃあ、お店の人に渡してちょうだい」

 次の瞬間、娘の行動を見て、自分の教え方が悪かったと反省した。

『意味がわかると鳥肌が立つ話』を楽天Kobo(電子)で読む >

『意味がわかると鳥肌が立つ話』をシーモアで読む >


あわせて読みたい