子どもに“貧乏ゆすり”を注意する父親。「自分では気づかない」その理由は――【貧乏ゆすり】/意味がわかると鳥肌が立つ話 続⑧

文芸・カルチャー

公開日:2022/10/3

大ヒットしたショートストーリー集、「5分後の隣のシリーズ」『意味がわかると鳥肌が立つ話』の続編! 蔵間サキ編著の小説『意味がわかると鳥肌が立つ話 続』から厳選して全11回連載でお届けします。今回は第8回です。一見何気ない物語、しかし、ページをめくり読み進めると、そこには鳥肌の立つような意外な展開が…! 恐怖だけでなく、感動や笑いなど、思わず背筋がゾワッとする『意味がわかると鳥肌が立つ話 続』を、ぜひお楽しみください! マモルがソファーに座っていると、教育熱心な父親から「貧乏ゆすりはやめなさい!」と怒鳴られた。お父さんが買い物に出かけると、マモルの貧乏ゆすりはすぐに治まり…。

【怖い場面あり、苦手な人は閲覧注意!】

『意味がわかると鳥肌が立つ話』を無料で試し読み


意味がわかると鳥肌が立つ話 続
『意味がわかると鳥肌が立つ話 続』(蔵間サキ:編著/Gakken)

貧乏ゆすり

 父親が、マモルが座るソファーに、ずかずかと近寄ると、怒鳴るように言った。

「マモル! 何度言ったら分かるんだ! 貧乏ゆすりはやめなさい!」

「だって、パパ……」

「だってじゃない! そんなクセは、みっともないぞ! すぐにやめなさい!」

「でも……」

 父親がイライラした様子で、ソファーのまわりを、せわしなく動き回る。

「でも、じゃない! 自分じゃ、クセになっていることに気づかないんだ。子どものうちから、気をつけておかないとダメだぞ」

 教育熱心な父親は、マモルの貧乏ゆすりが気になってしかたがないのだ。

 しかし、あまり強く言い過ぎても逆効果だということは、十分にわかっている。何かにつけて反抗するようになってしまうことに比べれば、「貧乏ゆすり」くらいは許容範囲かもしれない。

「じゃあ、パパは買い物に行ってくるから、マモルはちゃんと留守番してるんだぞ」

 そう言って父親は、子どもを残して買い物に出かけた。マモルが安心したように言った。

「ふぅ、ようやくおさまった……」

意味がわかると鳥肌が立つ話 続

『意味がわかると鳥肌が立つ話 続』を楽天Kobo(電子)で読む >

『意味がわかると鳥肌が立つ話 続』をシーモアで読む >


あわせて読みたい