ある日突然聞こえてきた「神様」の声。その声に日常を支配されていく――/高校生の娘が精神科病院に入りバラバラになった家族が再び出発するまで

2分で読める
連載

「死にたくないのに、どうしても食べられないの」私がそう言ったとき、「大丈夫」「死なないよ」そう言ってくれると思っていたけれど、母はただ黙って泣いていた――。 今回は、『高校生のわたしが精神科病院に入り自…

本文を読む