SUPER BEAVER渋谷龍太のエッセイ連載「吹けば飛ぶよな男だが」/第17回「体裁とポイント」

エンタメ

公開日:2022/11/27

 職業柄、ゴーイングマイウェイでもまア良しとは思っているのだが、私は昔から世間一般的な大人像に漠然とした憧れがあり、しっかり大人になったのなら、具体的に言うなれば三十歳を迎えたらこういう風にありたい、という理想が三つあった。ちなみにそれは、考え方やライフスタイルといった本質的なこととは少し違う身の回りのカジュアルなものだ。

 理想を実現させた先に一体何があったのか、今回はそんなことを書きたいと思う。

 一つ目はハンカチを持ち歩くこと。これに関しては大人とかそういうカテゴリー以前の問題なのだから、とっととやれよ、と思われても仕方のないことではあるのだが、なかなかに自意識が過剰な私にとってこれはハードルの高いものであった。小学生の時分、常に持ち歩きなさい、と学校から決まり事として押し付けられた時からの抵抗が根深く残っており、意地でも私は持たない、と心に決めていたものであったからだ。しかしある程度年齢を重ねてみると、実に紳士的に見えてくる。反発する心とかっこいいなと思う心とで板挟みにあい、折り合いをつけるために『三十超えたら』という自分で設けたボーダーラインまで待つことにしていたのだ。ボーダーラインを越えるなりワクワクしながら何枚かのハンカチを買い揃え、ようやく持参出来た時の、何に対してか全くわからない優越感は実に気持ちのいいものであった。

 二つ目は鞄を小さくすること。これは今まで持ち歩いていなかったものを持つようになるというハンカチのパターンとは大きく違い、元来の状態から削るという作業であるがゆえになかなかに苦しかった。なんでもかんでも持ち歩きたい私の性分は、これがあったら便利だろうな、という前向きなものとは違い、これがなかったら不便かもしれない、という後ろ向きなものであったからである。欲しい時に必要なものがなかったら苦しくなってしまうストレスが訪れるリスクヘッジとして、膨らんだ鞄を小さくする作業は、初めのうちそれ自体が心のストレスになっていた。しかし思い描く世間一般的な大人像に近づけているという歓びでなんとかカバーした。そしてそもそも「欲しい時」は案外やってこないということがわかってからは、財布と携帯と本とイヤフォン(本気出したら財布のみ)、長期の外出以外はこれだけでなんの不便もなく過ごせている。何かから解放される感覚は他に形容し難い充足感だった。

 そして三つ目。これが一番の難儀であった。

あわせて読みたい

渋谷龍太●1987年5月27日生まれ。ロックバンド・SUPER BEAVERのボーカル。2005年にバンド結成、2009年メジャーデビュー。2011年レーベルを離れ、インディーズで活動を開始し、年間100本のライブ活動をスタート。大型フェスにも参加し、2018年には日本武道館単独公演を開催。2019年に兵庫・ワールド記念ホールと2020年1月には東京・国立代々木競技場第一体育館で初のアリーナ単独公演を開催。チケットを即日ソールドアウトさせる。結成15周年を迎えた2020年4月にメジャー再契約。2021年、「愛しい人」がドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)の主題歌に、「名前を呼ぶよ」が映画『東京リベンジャーズ』の主題歌に起用された。また、自身最大キャパとなるアリーナツアー「SUPER BEAVER都会のラクダSP〜愛の大砲、二夜連続〜」を日本ガイシホール、大阪城ホール、さいたまスーパーアリーナで開催。自身”初”のドキュメンタリー作品「The Documentary of SUPER BEAVER 『東京』 Release Tour 2022 ~東京ラクダストーリー~」が9月28日(水)に発売。ニューシングル「ひたむき」を11/30(水)にリリースする。

この連載を書籍化した「吹けば飛ぶよな男だが」が2023年3月1日発売!
予約はコチラから▼
https://lit.link/fukebatobuyona


SUPER BEAVERオフィシャルサイト:http://super-beaver.com/
渋谷龍太Twitter:@gyakutarou
渋谷龍太Instagram:@gyakutarou