人間は会話をしないとどうなる!? のどの筋肉が衰えると大変なことに…

健康・美容

公開日:2024/3/21

毎日10分 長生き風呂カラオケ

「入浴中にウトウトしてしまう」「最近、つまずきやすい」「食事中によくムセる」―― ひとつでも思い当たったら、風呂カラオケの始めどきです。お風呂はうまく歌えて気分があがり、「のど」のトレーニングにも最高のひとりカラオケボックス。そして、歌えば全身への御利益があります。

 誰ともしゃべらなかった日にも「発声」できる。のどの調子で「今日の健康状態」がわかる。記憶と感情が活性化、認知症が遠ざかる。胃腸のマッサージになり便秘解消。ムセたりよろけたりしにくくなる。そして、お風呂で溺れない。

 入浴中の事故防止、誤嚥予防に毎日10分、世にも簡単でお得な健康法を、のどと声の専門医がおすすめします。

※本記事は『毎日10分 長生き風呂カラオケ』(渡邊雄介/中央公論新社)から一部抜粋・編集しました。

毎日10分 長生き風呂カラオケ
『毎日10分 長生き風呂カラオケ』
(渡邊雄介/中央公論新社)

【30日間無料】Amazonの読み放題をチェック >


90歳を超えていても、
風呂カラオケで若返りを目指せる

 私は全国に100人ぐらいしかいない「声とのどの専門医」で、メスも握ります。

 のどの不調を抱える一般のかたから、歌手や俳優・声優、アナウンサー、歌などのライブを毎日ネット配信する「ライバー」、教師や保育士など、日常的に声を使う職業のかたがたまで、8000人以上の「声とのど」の外来診療、リハビリ、手術をあずかってきました。

 

 私は長年、全身の衰えを食い止めるのに、ハードな筋トレは必要ない。のどの筋トレはラクで効果大」と言い続けてきました。

 元気に自由に長寿をエンジョイする。これは、人間として究極の幸せです。

 老けこまず、転ばず、寝たきりにならず、ボケず、誤嚥せず、窒息せず、溺れず、老人性うつにも陥らずに生きていけたら……。

 それをオールマイティにかなえるのが、のどの筋トレです。

 しかも「頑張り」は必要ありません。

 

「体験者の声」の章(P95~)を読んでみてください。90代で奥さんに先立たれ、4ヵ月、だんまり生活を続けたら「しゃべるとムセる」「しょっちゅうつまずく」老衰状態に陥ったかた。70歳でしつこい風邪からしゃがれ声になったかた。ライブのネット配信が毎日のノルマでのどを痛めた20代のかた。

 90歳を超えていても、20代の若さでも同じく薬や手術なし、数ヵ月に一度、専門医の指導を受け、風呂カラオケをはじめとする自宅での「のど筋トレ」だけで、見事に回復しています。

 

 足の衰えを防ぐのに1日1万歩は頑張りすぎ。まめに散歩すれば大丈夫ですね。

 のども「1日1回は大きく口をあけて発声する」だけで、しないよりはるかに衰えを食い止められます。

 すなわち、声を発しないと人間の心身はみるみる衰えます。

 新型コロナ禍の自粛生活の頃、「巣ごもり」で会話しなくなったら、たちまち声がかすれたり、食事中にムセたり、体がふらついたり、無気力になったりしませんでしたか?

 

 風呂カラオケなら、どんなときも無理なく発声できます。

 まずは、のどの筋力チェックから始めましょう。

 

<第8回に続く>

本作品をAmazon(電子)で読む >

本作品をebookjapanで読む >

本作品をBookLive!で読む >

本作品をBOOK☆WALKERで読む >

あわせて読みたい