山下マヌー連載 【第5回】 「050 plus」ならハワイから日本への通話料も国内と一緒!

2013/5/25

 独自の視点で集めた海外情報が旅好きな人たちに高い支持を受けている、旅行作家・山下マヌーさんのアプリ体験エッセイ「WORLD CALLING」。この連載では、NTTコミュニケーションズのIP電話アプリ「050 plus」の使い心地や実際に旅先で使ってみた場面を、おトクな情報とともに紹介していきます。

 第5回となる今回は引き続きハワイからのレポートをお届けします。ハワイ諸島最古の島・カウアイ島を訪れたマヌーさんは、とある理由で日本国内へ電話をすることになりましたが、「050 plus」が多いに役立ったようですよ。

 

「050 plus」ならハワイから日本への通話料も国内と一緒!

 ハワイに行く日本人は多いのに、ワイキキのあるオアフ島以外の島に行ったことがあるという人数は、実はもの凄く少ない。ハワイに行く日本人観光客の20%も満たない数。ネイバーアイランドに行ったことがない人にその理由を聞くと、「時間がもったいない」と多くの人がそう答える。日帰りで行ける島だってあるのにね。せっかくハワイに来ているのにそれこそ「もったいない」です。

 オアフ島の左上に浮かぶカウアイ島に行ってきた。ここはハワイ諸島の中、最も古くに誕生した島。島中に緑が生い茂り、ワイキキとは全くの別世界。加えて他の島ほどカメハメハの影響を受けていない。だから開発がされてこなかったのか、「ハワイの原風景が多く残る島」とも言われているんです。実際行ってみるとわかるのだけど、空港から少し走れば赤い土と緑の木々が待ち受ける、とてもまったりと、そしてゆったりした時間が流れる島なのであります。

 久しぶりのカウアイ。今回もまた取材で訪れたのだけど、そのあまりのゆったりぶりに心地良くなり、日帰りの予定を変更し、泊まることに。となるとやるべきことは…そう、帰りの飛行機の便の変更。航空会社のオフィスに電話でその手続きをしなくては。アロハ航空が撤退した後、ハワイ諸島の間を飛んでいるはハワイアン航空がほぼ一社独占。常に満席状態なので、素早くそして確実に変更手続きをしておかないと席が確保できなくってしまうんです。ホノルルのオフィスにかけても良いのだけど、確実に押さえるために、若干不安な英語より日本語がいいと、日本のオフィスに電話をかけることに。電話代? 大丈夫なんです。「日本のオフィスにかける=国際電話」。だから通話料も高い…、とためらいがちだけど、「050 plus」なら、なんと国内と同じ通話料! ハワイから日本のオフィスの固定電話にかけるこの場合だと、通話料は3分8.4円。

 いつでもかけられるのが電話。逆にいえば料金を気にしてかけることを躊躇してしまうようなら、それは電話というよりむしろ携帯付きカメラ?カウアイの公衆電話もない田舎町での予定変更が可能になった今回。「050 plus」の実力を改めて知らされたのであります。

旅先での急な予定変更やトラブルなどが起こってもすぐに日本国内に電話をかけられるこの安心感。「050 plus」って、ある意味現代の旅人のお守りなのかもしれないのだ。

 

空港から10分足らずで、すでにこのなごむ景観。雨の良く振るカウアイは、虹との遭遇率も高いんです。

 

こちら、看板のとおりのタロチップ工場。しかもカウアイ名物。決して廃屋じゃありません。カウアイでは普通の光景。

 

緩い…あまりに緩すぎるそんなハナペペの町。メインストリートですけどなにか?

 

ハワイアンの主食のタロ。カウアイ島の産地、ハナレイタロは「美味い!」と人気なんです。

 

絶滅危惧種のハワイアンモンクシールがビーチで昼寝…人と人工物の多すぎるワイキキでは考えられない光景がカウアイ島にはあるんです。

 

次回は6/10(月)更新の予定です。お楽しみに!

「海外から日本国内」でも、国内と同じ通話料でかけられる

急きょ、ハワイ・カウアイ島から日本国内へ電話をすることになったマヌーさん。通話料が気になって、ついためらいがちな国際電話ですが、「050 plus」なら、安心して通話することができます。

「050 plus」なら、日本と同じ通話料で電話がかけられます。その上、使い方も国内通話とまったく同じ。国際電話の煩わしさは一切ありません。

ただし、渡航先でのパケット通信料が別途かかるので、ホテルのロビーやカフェなどにある無料のWi-Fiスポットを利用するのがオススメです。マヌーさんのように外出先でよく電話をする人は、Wi-Fiルーターをレンタルしてもいいかもしれませんね。

ちなみに、ハワイから日本国内の固定電話への通話料は3分8.4円! 月額基本料315円(税込)を考えても、これはおトクというしかありません。



山下マヌー

やました・まぬー●旅行作家、エッセイスト、ジャーナリスト。海外渡航回数は300回を超える。1年の半分近くを旅をして過ごす。独自の視点で集めた海外情報は多くの読者の支持を得ている旅好きにとっての兄貴的存在。ロングセラー『海外旅行(得)マニュアル』をはじめ著書多数。トークショーやラジオなどへの出演だけではなく、テレビ東京系列の『ソロモン流』でとりあげられる。日々の情報はFacebookでも更新中⇒http://www.facebook.com/manoue3

『ハワイ 1000円でできること』(メディアファクトリー)

キーワードは1000円! グルメスポットを中心に、ハワイ初体験からリピーターも満足することウケアイの情報満載。ワイキキのハッピーアワー情報やハンバーガー食べ比べなど、1000円でこんなに楽しい、おいしい、感動できる遊び方をオールカラーで紹介。

旅の達人・山下マヌーも試してナットク! 海外からの通話料が圧倒的におトクな「050 plus」って?

【第1回】国内同士よりハワイとの通話の方が安いって、すごくない?

【第2回】もう海外でもOFFにする必要なし!? 成田で携帯を「050 plus」に転送設定してみた

【第3回】記念すべき海外一発目の「050 plus」はハワイ!

【第4回】快調ハワイ取材!「050 plus」のフォトトーク機能で東京の編集者とのアングル確認もラクチン

【第6回】「050 plus」の留守番電話機能に頼りきり、プーケットのビーチ探訪へ

【第7回】受ける側だけでなく、かける人も幸せな「050 plus」?

【第8回】日本への電話代が激安になるのがやっぱり最大メリット

【第9回】海外滞在中、万が一に備えて緊急連絡先を持ち歩く
【第10回】タブレットを持って海外に行くなら。「050 plus」もダウンロードしておきたいもの
【第11回】山下マヌー連載 「WORLD CALLING」最終回でございます。愛読ありがとうございました!