官能WEB小説マガジン『フルール』出張連載 【第65回】夏乃穂足【お試し読み】『鬼の涙が花だとしたら』

BL

2014/11/26

夏乃穂足【お試し読み】『鬼の涙が花だとしたら』  鬼が吼えると災厄が起こる――古来より鬼と、それに魅入られる人間の伝説がある地、希望谷でトンネル崩落事故に巻き込まれた古林千鳥。千鳥を助けたのは鋼のような体躯と赤い髪を持つ隻眼の男・森羅だった。だが彼は、幼い頃に千鳥の父親を殺した鬼・シンの面影を色濃く残している。手厚い... 続きを読む