第6回「ドラッグ」/森田哲矢(さらば青春の光)連載

さらば青春の光

2015/7/15

 もう7月に入ったというのに中々梅雨が明けず、日本の景気も良くなったという話を耳にするものの今ひとつピンと来ず、世界に目を向ければ一向に争いの絶えない紛争地域の数々。こうなったら現実逃避だとネットの世界に飛び込めば自己顕示欲丸出しの稚拙な犯罪を繰り返す愚か者でごった返している昨今。そんななんとなく地球全体がイライラし、やり場のない怒りとストレスを溜め込んだこの状況で芸能人が手を出してしまうのがそう、ドラッグである。
 しかしながら暗いニュースばかりではなく、この間のなでしこジャパンの2大会連続W杯決勝進出、Apple Watch発売などの科学技術の飛躍的進歩、さらば青春の光も出演中のドラマ『天皇の料理番』の高視聴率など、明るい話題に頬を緩ませつつも芸能人がついつい手を出してしまうのがそう、ドラッグである。

 今回はそんな芸能界の触れてはならぬ禁断の果実“ドラッグ”をテーマに皆さんと共にトリップしていきたいと思います。

 今まで色々なゴシップを書いてきましたが、正直自分にはおおよそ縁のないものばかりでした。しかし今回は自分にもいつドラッグの魔の手が忍び寄るやも知れない。それほど芸能界に蔓延していると言っても過言ではないのがドラッグなのです。

 今までも数多くの芸能人がドラッグで逮捕されてきました。一度だけでは懲りず、二度三度と逮捕されている人も大勢います。

 やはり浮き沈みの激しい芸能界。誰もが売れる為、残る為になりふり構わず相手を蹴落とそうと躍起になっているまさに弱肉強食のこの世界。そんな世界に身を置き、正気でいろという方がおかしいのです。ある者は創作活動の途中で壁にぶち当たり、それでも必死に足掻き這いずり回ってでもこの世に自分の作品、生きた証を残すべくドラッグを服用する。またある者は芸能界という常軌を逸した世界でなんとか自分を保つ手段として服用する。それがやがて自分の体を蝕み、最終的には身を滅ぼすことにも気付かず、無我夢中でドラッグにしがみつく。もはやエンターテイナーとしての本能がドラッグを求めているのではないか?という錯覚にすら陥る。

 一般社会で真っ当に生きている方々には到底理解できないかもしれませんが、我々がいる世界はそういう世界なんです。そして今まで逮捕された芸能人、逮捕こそされてないが日常的にドラッグを服用している芸能人達は皆それなりの苦悩があってのことなんです。僕もドラッグに手を出そうと何度も思いました。芸能界の厳しさを嫌という程味わい、己の才能を最大限に引き出したいという苦悩が常に頭の中を駆け巡っています。今のところ踏みとどまってはいますがもういつ手を出してもおかしくない状況です。

「何が芸能界だ! 一般社会で働いている人間もそれなりに苦悩してんだよ! ドラッグを正当化するのもいい加減にしろ!」という声が今にも聞こえてきそうなので白状します。

 そうです! 奴らはキメセクしたいだけです! 絶対そうです! だって僕がそうだから! 創作活動の壁? 自分を保つ手段? そんなわけありません! 奴らはキメセクして通常のセックスの何倍もの快楽を得たいだけなんです! それのみです! ただのドスケベです! 生意気に芸能界の厳しさ語ってすいませんでした!

 そうなんです。そういうことなんです。もう一度ちゃんと言うと、彼らがドラッグをする理由はバキバキにキメてセックスするとめちゃくちゃ気持ちいいから。ただそれだけなんです。逮捕されるかもしれないというリスクを冒してでもキメセクしたいんです。

 この世で最も気持ち良い行為だと言われているキメセク。天日干ししたお布団よりも、ボスクラスの鼻くそが取れた時よりも、元気の良い挨拶よりも遥かに気持ち良いと言われている行為、キメセク。

 そんな気持ち良い思いを一度味わってしまうと、もう二度と普通のセックスでは満足できないのでしょう。故に彼らは常にキメセクを求め、キメセク仲間を増やし、自宅の地下によう分からん部屋を作って毎夜キメセクに励んでいるんです。かつてトレンディ俳優だったあの人も、やたらとパ行を使ってたあの元アイドルも、みんなキメセクの虜だったんです。

 そういえばこのコラムを手伝ってくれている僕の知り合いのY氏も「いつかお金貯まったら嫁とオランダ行ってキメセクすんねん!」といつも目をキラキラさせて言ってきます。僕もその旅行には絶対に同行しようと思っています。それほど人を魅了して止まない行為、キメセク。

 そう考えたらアヘン戦争もキメセク目当ての国家レベルの争いだったんですね。

 ちなみにキメセクをしたことある人に聞いたんですが、キメセクの気持ち良さを分かりやすく言うと、「時速200㎞で走るポルシェの上に乗りながら口からバスケットボールを吐き出すような感覚」らしいです。全く分からないですね。

 余談ですが、ドラッグで逮捕される芸能人になぜか二世タレントが多いのは彼らもまたキメセクで出来た子だからだと言うのは僕の考えすぎでしょうか?

 最後に僕が最近仕入れた情報を言うと、

『警察が今一番目を光らせて動向を注目しているのは某局の看板女性アナウンサー』とのことです。もし近い将来この情報が日の目をみるようなことがあれば日本中に激震が走り、同時にこのコラムも書籍化が決定されることでしょう。

 

 

ドラッグ、ダメ、絶対!