私、カープのために会社やめました【第2話】野球知識ゼロの観戦入門!

カープ女子

2015/8/12

こんにちは、本連載で二度目の投稿となります。
プロ野球チーム、広島東洋カープの応援に専念するため「仕事を減らした」カープ女子の古田ちさこです。

前回の記事では、タイトルだけ見てあせった知人たちから『今無職なの!?』と心配の連絡をたくさん頂きました。(笑)

派遣会社は辞め、アルバイトになりましたがプー太郎ではありませんのでご安心ください。(笑)

とはいえ、カープの試合日程を元に希望休を出し、関東での試合はほぼ現地で観るようにし、チャンスがあれば広島にもすぐ行けるよう備えている為、先月なんかは東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、そしてカープのホームグラウンド、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島と色々な場所で観戦することができました。

観る球場によって楽しみ方も変わるので、それはそれは充実した観戦ライフでした。♡

今回はそんな野球の楽しみ方と、そもそもどうしてこんなに夢中になれるのか、野球の魅力について伝えられたらと思います。

音楽フェスやビアガーデンみたい!? 神宮球場の外野席

とはいっても正直、楽しみ方なんて星の数ほどあり、語り始めるとキリがありませんので今回は野球の知識があまりない!という友人に、実際に楽しんでもらったパターンを紹介します。

まず、男女問わず頑張っているひとの姿というのは誰しも魅力的に感じ、感動を生むと思います。
スポーツというのはそれがとてもわかりやすい!
ただし同じ球技でもサッカーやバスケットのようにゴールに点を入れたらイエイ!というわけではないのが野球の取っ掛かりづらいところ。
押し出しやパスボールでの得点は地味なため「え、今点入ったの?何で?」となりがちです。

野球には複雑なルールが沢山あり、知識の無い人がすべて覚えてから楽しむというのはちょっと無理がありすぎで、まず試合を観てそのときのケースから覚えていくので十分です。

まわりのファンが一喜一憂してくれるので、それに合わせていれば自然と展開もわかります。

そして得点した時、ナイスプレーがあった時、まわりのファンと立ち上がって喜びあうと、性別も年齢も、ときには国境も越えてひとつになれるというさらなる感動があります。

特にカープはスクワット応援という前派、後派に分かれ交互に立ち上がって選手の名前を叫ぶ独特の応援スタイルがあります。

音楽フェスやお酒が好きな友人はまずその応援を常にできる外野エリアにいきなり連れていくとすんなり楽しんでもらえます。

神宮球場の外野自由席は特に盛り上がるので、売り子さんからお酒を買って乾杯して応援歌を歌ってスクワット応援をして、夏の時期は花火も上がりますしちょっとしたお祭り気分で観戦できちゃいます☆

神宮球場は生ビールの他にも缶ビールや瓶ビールの売り子さんがいてビール好きの私には特にたまりません。

ビアガーデンに行くなら神宮の外野!と思っているほどです。

前後左右の方とおつまみをまわし合ったり、自然と仲良くなれるのも球場ならでは。

みんなでワイワイ応援することも楽しみ方のひとつです!

だんだんルールを覚えていくと、内野席でのんびりとプレーに魅入ったり、選手の写真を撮ったりするのもまた楽しくなります♫

また私がおすすめする注目ポイントは守備の上手い選手です。

カープには2年連続でゴールデングローブという守備の名手に贈られる賞を受賞している菊池涼介選手がいます。

彼のプレーは躍動的でボールに飛びかかるようにキャッチをし、そんな体制から??というような一見無謀にも思える送球で走者をアウトにしてしまったりします。

そのワクワクするプレーは本人も『また同じプレーをやれと言われてもできない。』と言うほど。

ひとつひとつが全力なんですよね。

菊池選手の他にも、無駄を極限まで削ぎ落した職人的な守備が光る楽天、藤田選手。バウンドが難しい土のグラウンドをホームとしながらエラーをしない阪神、鳥谷選手など、守備の名手に注目しているとかっこいいプレーが見られること間違いなし。

動画サイトには菊池選手の好プレーを集めた動画がいくつもあり、気持ちの良い全力球さばきはストレス解消にもなるのでおすすめです!

女性だから楽しめる! 球場での食とファッション

また、特に女性は球場でただ野球を観るだけよりも思い出づくりができたら嬉しいと思います。

試合がメインだけれど、ユニフォームを着て記念写真を撮って名物メニューを食べて限定グッズを買って帰る!

なんてことも球場に行く楽しみのひとつ♫

アトラクションがメインだけれどミニーちゃんの耳をつけてミッキーと写真を撮ってキャラメルポップコーンを食べてお土産を買って帰る、、、

そう、女性や子どもに大人気のディズニーランドと一緒です!(笑)

こんな風に試合以外にも楽しめるポイントというのは各球場それぞれ絶対にあります☆

たとえば浜スタこと横浜スタジアムは今の時期みかん氷というみかんがどっさりのったかき氷がおすすめです♫

食以外にも、関東在住の私はなかなかカープの本拠地、広島の球場へ行くことはできませんが、カープはグッズの多さに定評があり、ネットや広島県のアンテナショップなどで購入し楽しんでいます。

応援グッズに留まらず、お米やトイレットペーパーなど生活の一部としてカープを消耗することもできちゃいます。(笑)

全球団が販売しているユニフォームも着こなし方は様々で私も大きめサイズをワンピースのようにダボっと着たり、あえて子ども用の小さめサイズを着てハイウェストのスカートに合わせたりしています♫

お気に入りの選手のユニフォームを選んで、リストバンドを着けて、限定のキャップをかぶったり…

グッズが増えるとコーディネートを考えることもまた楽しくなっていきます!

ちなみにカープのユニフォームは赤がメインカラーなので女の子が着ているとより可愛く見える気がします!

また球場で観る以外にも、ラジオやテレビ観戦なら解説と実況アナウンサーのおかげでデータも伝えてくれますし、よりわかりやすく観ることができます。

投手の絶妙なコントロールや際どい判定をすぐリプレイで観られるのもテレビ観戦の良いところ。

このテレビ観戦と、応援の盛り上がりをイイトコどりできるのがお店観戦です。

野球中継を流してくれる飲食店の中でも、カープにこだわったお店づくりをしてくれているところも都内にはいくつかあります。

自然とカープファンが集まるので盛り上がりますし、チケットが売り切れの時や仕事帰りなどに立ち寄りやすいお店があるととても便利です☆

そこで出会う人と仲良くなりまたファンの輪が広がっていく…

選手に声援を届けたい!!
奇跡的な試合を現地で観たい!!

と思えばまた球場に行きたくなりますし、そうやって楽しみ方がどんどん増えていくんですよね。

さて、先週の神宮球場、横浜スタジアムの関東6連戦では5試合球場に赴き、熱戦で3kg体重が落ちました。

真夏の野外球場での応援はダイエットにもってこいです!

ただしビールはほどほどに。

熱中症にもお気をつけください!☆

古田ちさこ
ふるた・ちさこ●1985年12月20日、千葉県出身。広島東洋カープ好きが高じて、今春会社を退職。都内のジュエリーショップでアルバイトをしながら、応援のため全国を駆けまわる。その情熱が話題を呼び、『広島アスリートマガジン』『マイナビニュース』でコラムを連載。『ヴェートーベンとカープ女子のキミの瞳に鯉してる』(とちぎテレビ)にもレギュラー出演中。一家全員カープファン。サウスポーが好き。Twitter(@chisakofuruta)でつぶやくほか、ブログも随時更新。

企画協力=内野ムネハル
写真=飯岡拓也