【特別番外編!】弟がネトゲ廃人(自宅警備員)な上に働かないから私が養ってる件「沼津家の未来を占ってもらった」【前編】

2015/8/31

すっかり姉・マリーとの同居生活が板についてきたポン太郎くん。しかしいつまでもこの暮らしを続けてもらっては困ります。(マンガ的にも)
今回はそんな現状を打破するヒントを得るために、占い師の鶴賀一声さんにご協力頂き、沼津家の未来について占って頂きました。(編集K)

弟がネトゲ廃人_01
弟がネトゲ廃人_02
弟がネトゲ廃人_03

→占いの続き【後編】を読む!

【キャラクター紹介】

沼津マリー(24歳)
駆け出しのマンガ家。思い立ったら即行動の鉄砲ムスメ。デザイナーを目指して地元・福岡から上京するも、キャバ嬢→インドでキャバクラ経営→不動産会社での電話営業という異色の経歴を歩むことに。ポン太郎同様、学校にはなじめなかったクチ。

ポン太郎(19歳)
league of legend(LOL)にハマる、ニート歴3年のネトゲ廃人。15歳で高校を中退して以降、福岡の実家でゲーム浸りの生活を送る。その後、姉の誘いに応じて上京するも、変わらぬニート暮らしを貫く。米を炊く以外の家事と生活費は全て姉任せのヒモ弟。


【著者プロフィール】
沼津マリー
都内とインドでキャバクラ嬢として働いていた経験を持つ、異色のマンガ家。インドでの体験を元に、2013年12月より「webモアイ」にて『インドでキャバクラ始めました(笑)』連載開始。1日10万PVもの反響を集める(コミックス1〜2巻発売中)。近日中に「みんなのごはん(powered by ぐるなび)」にて『ニートの食卓』の連載が開始予定。