アウトロー作家・福澤徹三が一番怖いものとは!? | 夏のホラー部第7回

ホラー

2015/9/26

 幽霊、狂気、殺人、暴力、事故に病気――。この世にあふれる“忌まわしい”実話をひたすら蒐集し、ホラー好きを震えあがらせてきた本がある。その名も『忌談』(KADOKAWA)。ホラーやアウトローものの名手として知られる作家・福澤徹三さんが、2013年から書き継いできた実話シリーズだ。この夏、シリーズ最終巻『忌談・終』が刊... 続きを読む