『沈黙のオヤヂ食堂』発売&プロモーション動画が完成!

2016/4/13

とある雑誌連載で知り合ったアラフィフのオヤヂ3人に、二回りも年下の編集者は尋ねた。「あなたたちは普段、何を食べているんですか?」。
オヤヂたちはもう半世紀も生きてきて、それなりにいろんなものを食べてきた。その中で、これは紹介しておきたいと思える自らの「食堂」に青年を連れて行く。店に入れば、一口食べれば、それ以上の情報などいらないと信じて。
いつものように、肩の力を抜き、愛するメシをただ食べる。紹介者の思いは同行者たちの胸を打つのだろうか。青年はそのとき何を思うのか。

【オヤ食巡礼者】

北尾トロ●ライター、猟師。各地に点在するうどんチェーン、カツ丼やオムライスがメニューにある町の中華屋に入り浸る。狩猟を始めて山の肉をガシガシ研究中。

日高トモキチ●漫画家、大学のセンセー。ジャンクフード全般をこよなく愛している。塩分、カロリーに気を使いつつ順調にカラダが丸くなってきた。

カメラのハラダ●カメラマン。野球は巨人、ロックは矢沢。男臭いのが好きで、好物はラーメン。旨いと聞けばストーンズ聴きながらどこへでも駆けつける。

K青年●編集者。20代ながら、酒の飲み過ぎで内臓に不安を抱え、カロリー制限を受けている。立場的にオヤヂたちのカジ取り役だが、それは最初からあきらめ、連れまわされるに任せようと決めている。

==========

 本連載「オヤヂ食堂」が単行本になりました! タイトルは『沈黙のオヤヂ食堂』。連載原稿のみならず北尾&日高による12本の書き下ろしコラム+単行本オリジナル企画を収録。そしてここでは単行本の発売を記念し、山田うどんさんにご協力頂いた異色の(?)プロモーション動画を公開! ぜひ御覧ください。

『沈黙のオヤヂ食堂』
北尾トロ/文 日高トモキチ/絵 原田豊/写真
KADOKAWA
1400円(税別)




試し読みはこちら!
【第壱食】ちっちゃな頃からこの味育ち。笹塚のノスタルジック・ラーメン「福寿」
【第十食】ホッとする味が欲しいとき。所沢「山田うどん本店」
【第十二食】町中華は絶滅危惧種か!? 大久保「中華料理 日の出」