第16回「ヤリマンいい奴説」/森田哲矢(さらば青春の光)連載

エロ

2016/6/15

読者の皆様お久しぶりです。
1ヶ月の準備期間を終え、ダ・ヴィンチに帰ってまいりました。
というのも、先日このコラム『煙だけでいい…』担当のK氏との打ち合わせの際にK氏から、
「最近の内容を見る限りどんどん書籍化から遠ざかっています。いい加減芸能界に変な幻想を抱くのはやめてください。全部自分で煙立ててるだけじゃないですか」
というご指摘を受けました。

僕は食い下がりました。
「本当なんすよ! あのアイドルが飼ってる犬が本当にコンドームを吐き出したんすよ! あの俳優はゆず湯のようにう◯こを風呂に浮かべてるんすよ! あの大物司会者は東南アジアで現地の人間を撃ちまくってるんすよ! 信じてくださいよ! 全部底辺の飲み会で仕入れてきたやつなんでほぼほぼ本当なんすよ!」

しかしK氏は、
「あーあ、そもそも何でこんな奴にコラムなんてやらせたんだろ? よくもまあこんな真っ直ぐな瞳で毎回力説できるよなあ? あーあ、こいつの代わりに朝井リョウとか連載やってくんねえかなー?」
の顔でこちらを見てきます。

論争は平行線のまま時間だけが過ぎていき、気づけばただの世間話をしていました。
僕がK氏に日常生活の他愛も無い話をしていたその時でした。
K氏が急に机を叩き僕にこう言ってきました。
「さっきから聞いてたらてめえの日常めちゃくちゃ煙にまみれてんじゃねえか! 何が芸能界のゴシップだ! 末端の芸人の日常こそゴシップそのものじゃねえか! それを書けバカ野郎!」

僕は食い下がります。
「いや、こんな事書けるわけないでしょ! こんな事書いたら女性ファンが離れていきます!」
「そもそもてめえに女性ファンなんていねえんだよ! この幻想野郎が! つべこべ言わずにとっとと書けバカ野郎! 殺すぞコノヤロー!!!」

K氏のアウトレイジばりの怒号が会議室に響きわたりました。

このままでは殺されてしまう。バッティングセンターで椅子に括り付けられて猛スピードで飛んでくるボールをひたすら顔面で受け殺されてしまう。

僕は生きる道を選びました。
生きてりゃそのうち良いことも絶対あるはず。

ということで今回のテーマは『ヤリマン』です。

我々底辺の芸人はよくコンパに行きます。
これも芸の為、という訳のわからない大義名分を振りかざしコンパに行きます。
そのコンパに来る女性陣の中に稀にヤリマンがいます。
我々底辺の芸人は終電までの限られた時間であの手この手を使い、どの子が今日ヤらせてくれる子なのかを嗅ぎ分けるのです。

ヤリマンを語る上で、僕が以前から唱えている説があります。

“ヤリマンいい奴説”

『水曜日のダウンタウン』では絶対取り扱ってはくれないであろう説。

そう、ヤリマンはいい奴なのです。
なぜならヤらせてくれるから。
だってヤらせてくれるんですよ?
こんな底辺の芸人だと分かっていてもヤらせてくれるんですよ?
顔面のクオリティも低い、お金もない、その上これでもかってぐらいのヤりたい感がダダ漏れしている。そんな人間でもヤらせてくれるんですよ?
間違いなくいい奴です。
しかもそういう子に限ってノリが良いので喋ってて楽しい、割り勘でも嫌な顔をしない、親兄弟を大切にしている、などの特徴があり非常に好感が持てます。
そして何と言っても底辺の芸人でもしっかりとヤらせてくれる。恐らくヤリマンはこの世で最も優しい人種なのではないでしょうか?

そんな女神のような彼女達を“ヤリマン”などという汚い言葉でしか形容できていない現状を我々日本男子は恥ずかしく思わないといけません。
かと言って“性天使”や“釈迦マン”など色々考えてみましたが、いまいちどれもピンとこないのが現状です。
もし可能であれば糸井重里さんにも考えてもらいたいですね。
まあたとえ彼女達に直接ヤリマンと言ったところで、優しいので決して怒ることはないのですが。

コンパにおいて重要なことは、どの子が一番可愛いとか、どの子が一番気がつくとか、どの子の服装が好みだとかそんなことではなく、どの子が一番ヤらせてくれそうか? 底辺の芸人達はこれが知りたいんです。

たまにこういう事を言う人がいます。
「勝てるギャンブルなんて楽しくも何ともない」と。

「楽しいに決まってるやろ!!!!!」

そいつの鼓膜をぶち破る勢いでそう言ってやりたいです。
勝てんねんぞ? 抱けんねんぞ? それが確定してんねんぞ? 楽しくないわけないやん?
オレらはパチンコ屋行ってひょっとしたら20万勝てる台よりも、確実に2千円勝てる1円パチンコを選ぶ人種や! 舐めんな!
ほんで何もチャラチャラした奴がヤリマンとは限らんからな! 結構見た目普通っぽくてちゃんとしたとこに勤めてる奴の方が実際ヤリマンやったりするからな!
全然出なさそうな台が意外に500円で確変かかったりするからな!

少し感情的になってしまいましたが、結局何が言いたいかというと、家まで来ておいて、いざそういう空気になると、がっちりガードを固めてくる女性よりも、すんなりヤらせてくれる女性の方が、朝起きた時に「パン焼いてあげよう」と思うのです。
面と向かって感謝を伝えるのはどこか恥ずかしい。だからパンという名の感謝状にジャムとマーガリンを塗って贈呈させていただく。
我々底辺の人間がこの贈呈式を怠るようになったらそれこそただのクズです。

芸能界にもヤリマンは沢山いると言われています。
しかし彼女達のほとんどは自らのメリットを計算して抱かれたり、有名芸能人にしか抱かれない所謂ステータスヤリマンです。
底辺の芸人には見向きもしない。僕らに言わせればそんな奴らヤリマンでも何でもない。

ただごく稀に底辺の芸人が大女優ヤリマンにヤらせてもらったというゴシップが入ってくる時があります。
そうなるともうその大女優が日本のヤリマンの中で実質一番いい奴です。
その優しさたるや計り知れないです。
いつか朝から並んで打ってみたいものですね。

書籍化へ向けて茨すぎる道を素っ裸で歩き始めた僕。
この道の先に待ってるのは果たして本当に書籍化なのか? それとも誹謗中傷の嵐なのか? はたまた大勢のヤリマンか?
恐らく一択しかないですが、殺されるよりはマシなので来月も僕はペンを握ろうと思います。