「お前を守ってやれるのは、俺だけだ!」この夏をもっと熱くする、俺様副社長の超・過保護BL☆

BL

2016/7/15

 熱~い夏を更に加速させるBLをお求めの方に朗報!俺様副社長×幼馴染お花屋店員のラブストーリー『幼馴染は僕のヒーロー! 』が7月16日(土)に発売!

 なぜか男を惹きつけてしまうお花屋店員の直。そんな直のことを全力で守る、従兄弟で幼馴染の会社副社長・門次郎の掛け合いが魅力的な本作。記念すべきデビュー作となる水稀たまさんにインタビューを実施しました♪

 

――新刊の紹介をお願いします!

水稀たまさん(以下、敬称略):一冊すべて表題作です。幼馴染(従兄弟)の二人で、攻の門次郎はいつも男を惹きつけてしまう直を心配しすぎて半ストーカーになってます。ですが、直から見るとちょっとめんどくさい、、と思いつつもピンチの時には現れて自分を助けてくれる頼もしいヒーロー。媚薬を盛られてしまった直を助けるため、体の関係を持った事で、二人の関係が進んでいきます。

――メインカップルはどんな攻×受ですか?

水稀: 攻の門次郎は大財閥只野グループの御曹司。只野グループ本社の副社長です。周りからは冷血人間と思われているが、受の直には甘々!小さいころから弟のように可愛がっています。受けの直は一般家庭で育ち、明るく笑顔でいるのを心がけているような子。門次郎への甘え方は心得ています。今は女性店員しかいない花屋で働いています。



――当て馬や重要な脇役は?

水稀:重要な脇役は 野沢さん。門次郎の世話役&秘書をやっているんですが、門次郎が幼い頃から野沢さんがお世話をしているので門次郎に対して容赦がありません。門次郎が盗聴器やらを使うようになったのも、野沢さんが与えたからでした。

――今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?

水稀:関係性や、見せ方等とにかく分かりやすく簡単に!がテーマでした。なので、シンプルに自分の好みを反映させたキャラ(とにかく攻キャラが受キャラを溺愛)作りになりました。

――何かひとつ裏設定を教えてください。

水稀:猫が太ってきたときに、門次郎がぶーにゃと呼び始め、猫もそれを覚えてしまいました。

――BLに限らず、影響を受けた作品はありますか?

水稀:影響を受けたと言えば、小さいころ好きで仕方なかったファンタジー異世界ものや魔法使いや、伯爵主従関係な本とか、憧れを抱いて見ていた作品にはかなりの影響を受けていると思います。だけど、よくよく考えたら、どの作品も作中で男同士以上の絆があったりするものが多かったかもしれません。それ思うと幼い頃から男の子同士に萌える片鱗はあったのですね。

――漫画を描くうえで一番好きな作業は何ですか?

水稀:カラーです。カラー塗ってる時は癒されます!でもマンガ作業の中で一番好きな作業はアナログでやってたころはトーン貼りでした。指先でちまちまやるのが好きでした。今は、ペン入れです。

――ダ・ヴィンチニュースユーザーに、読者にメッセージをどうぞ!

水稀:はじめまして。今回初の単行本となります!描き下ろし等も盛り沢山なので初めましての方にも、web連載で見て下さっていた方にも楽しんで頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。


幼馴染は僕のヒーロー!

著:水稀たま 出版社:KADOKAWA

「お前を守ってやれるのは、俺だけだ!」花屋でバイトをする直は、何故か男を惹きつけてしまう体質の少年。彼の従兄弟で幼馴染の、とある会社の副社長・門次郎は彼を心配して、毎日監視カメラで直の様子を観察している。直に危機が迫ると『直センサー』が発動し、颯爽と助けにくるが……。水稀たま初コミックス登場! 幼馴染の溺愛ライフ♪


  • 『COMICフルール』はこちら

  • オフィシャルツイッターはこちら